IT業界へ転職したいという人は転職サイトを利用するのが便利です。しかし、IT業界についてよく知らない場合にはどのような仕事があるのかを具体的に理解して、職種を選べるようになっておかなければなりません。

IT系への転職の入り口はシステムエンジニアとプログラマー

IT業界に転職したいというときに入り口にできる職種として代表的なのがシステムエンジニアとプログラマーです。どちらもシステムを作り上げるのに重要な役割を果たす職種ですが、システム開発を行う上では役割に違いがあります。システムエンジニアの方がプログラマーよりも上流工程を担うのが特徴であり、基本的にはシステムエンジニアが設計したシステムをプログラマーが作るという形で現場が運営されているのが一般的です。職務の範囲には現場によって大きな違いがありますが、システムエンジニアは課題に対して解決策となるシステムを考案して設計書や仕様書を作り上げるのが中心的な仕事になります。その設計書と仕様書を受け取ってプログラミングを行うのがプログラマーです。そして、完成したプログラムは再びシステムエンジニアが受け取ってテストをするという流れで開発が進められます。このどちらを担う人材としてIT業界に転職したいかを考えるのが大切です。

共通して必要になるのがプログラミングスキル

システムエンジニアとプログラマーでは求められている人材の性格や資質には違いがありますが、共通して必要なのがプログラミングスキルです。プログラマーはプログラミングが中心的な仕事になるので高いレベルのスキルが求められます。システムエンジニアについてはそれが必須ではないものの、プログラマーにとってわかりやすい仕様書や設計書を書けるようになるには知識としてのプログラミングスキルが欠かせません。現場によってはシステムエンジニアがプログラマーと協力してプログラミングを行う現場もあり、テストの際に現場で仕様の改善やバグフィックスを行うこともあります。一からプログラムを構築できるほどのスキルがなくても大丈夫なことは多いですが、既存のプログラムの改変程度は行えるプログラミングスキルがあるのが望まれているのがシステムエンジニアの特徴です。ただし、プログラマーはプログラミングスキルが最も重要になるのに対して、システムエンジニアでは他のスキルの方が重視される傾向があります。顧客やプロジェクトメンバーとの会話の機会が多く、理解力や交渉力の高さが求められるのがシステムエンジニアです。

職場探しには転職サイトが有用

システムエンジニアもプログラマーもIT業界では渇望されていることから求人は豊富にあります。職場探しをするときには転職サイトを利用するのが便利であり、IT系の職種に特化したサイトを利用すると興味のない求人を排除できるのでスムーズに希望の職場を見つけ出すことが可能です。専門性が高い転職サイトの方がIT系の求人は多い傾向がある点でも有用な職場の探し方となっています。転職サイトには求人広告が掲載されているだけでなく、気に入った募集が見つかったときに応募する手筈も記載されていて速やかに手続きを進められるのもメリットです。職務経歴書や履歴書などの書き方についても情報発信が行われているので、初めての転職であっても安心して臨むことができます。

転職サイトを使うときに重要な仕事内容の吟味

IT業界への転職のときには転職サイトに記載されている仕事内容には十分に吟味する必要があります。企業側としては求人広告の内容から現在進行中のプロジェクトについて情報漏洩が起こってしまうことを避けているのが一般的です。できるだけ抽象的な表現で仕事内容について記載されていることが多く、ITについて詳しい人であっても具体的にどんな仕事をするのかが想像できない場合すらあります。このような場合にはサイトの運営者に問い合わせをするとより詳細な内容を開示してもらうことが可能です。また、システムエンジニアになりたいと考えていても募集がシステムエンジニアという名前で行われていない場合もあるので気をつけなければなりません。テスター、ソフトウェア開発などといった形で仕事内容の大枠で募集をかけている求人もあるので、職種の名称をキーワードにして検索してしまうと求人を見落とすリスクがあります。検索をかけるときには複数のキーワードを使ってできるだけ多くの候補を見られるようにすることが肝心です。

IT業界に転職する手順の理解が肝心

IT業界に転職したいと考えたらまずはシステムエンジニアかプログラマーのどちらを選ぶかを決めるのが大切です。プログラミングスキルはどちらも必要とされますが、要求されるレベルには違いがあります。また、周辺スキルの必要性にも違いがあるので自分に合った職種を選ぶことが肝心です。その準備を終えたら転職サイトで求人を検索すればシステムエンジニアもプログラマーも多数の求人広告を見つけることができます。職種の名称にこだわらずに、仕事内容の詳細を適宜確認しながら自分のやりたい仕事ができる職場を探すように心がけると失敗がありません。