IT業界で転職するエンジニアがよく注目しているのがITコンサルタントです。上位職としても知られるITコンサルタントの仕事は広がってきていますが、どのような魅力があって人気が高くなっているのでしょうか。

ITコンサルタントの種類と仕事内容

ITコンサルタントはクライアントの企業の求めに応じて最適な経営戦略を考案し、そのために必要な情報システムを開発あるいは設計して提案するのが仕事です。クライアントを獲得するための営業活動をすることも業務になります。そして、ヒアリングを行って要求を正確に把握することから本格的に仕事が始まり、最終的には現場でのシステム構築やテスト、納品後の運用までを担うこともあるのが特徴です。分業が進んでいるコンサルティング系の企業ではアナリスト、コンサルタント、マネージャーの三つに役割を分類していることが多くなっています。マネージャーが全体管理を行い、主にクライアントや関連企業などへの対応を行うのが業務です。コンサルタントもクライアントとの相談にかかわることが多く、要件を整理してアナリストに実務を任せて進捗を確認するのが主な業務になっています。アナリストはコンサルタントからの指示を受けてシステムの仕様を定めてプログラミングなどを行いながらシステムの開発や構築を担うのが一般的です。このような階層構造になっていることから、ITコンサルタントに転職するときには通常はアナリストから始まり、徐々に昇格してコンサルタント、マネージャーとなって管理的な立場になっっていきます。

転職するのに重要なスキルとは

ITコンサルタントに転職するためにはエンジニアとしての実戦力となるスキルが必須です。プログラミングについて一通りの知識と経験を持っていることに加えて、ハードウェアもソフトウェアも理解する広い能力が要求されます。自社開発が進められているシステムがある場合にはそれを熟知して自由にカスタマイズできるようにならなければならないため、関連する専門のスキルを要求されるのが一般的です。システム開発を最初から最後までやり通すことが必要になるため、システムエンジニアとして開発に携わってきた経験が重視されます。上流工程も下流工程も柔軟にこなせることによってアナリストやコンサルタントとして活躍することが可能です。ITコンサルタントには専門スキルに加えて高いコミュニケーション能力が求められます。クライアントへのヒアリングで正確に要求を理解することがクライアントを満足させるシステムの提案につながるからです。その提案の際には高いプレゼンテーション能力も求められ、必要に応じて交渉を行う力も必要になります。顧客獲得が重視されることから営業スキルについても必要であり、根気強くクライアントを探し求める気力もあるに越したことはありません。

年収の高さが魅力のITコンサルタント

ITコンサルタントが人気の理由として転職することで年収が高くなるケースが多いことが挙げられます。IT業界で働くエンジニアの平均年収は550万円前後を推移していますが、ITコンサルタントについては700万円近くなっているのです。実力と実績に応じて年収が飛躍的に高くなる傾向も大きく、アナリストからコンサルタント、マネージャーとなっていく際にも大きな昇給があります。40代や50代になっても現場で活躍しているITコンサルタントは年収が1000万円以上になっていることも多く、できるだけ高い収入を得るのを目標にして働きたいという人にとってやりがいのある職種です。

将来展望も良い職種として人気

将来展望についてもITコンサルタントは良好です。転職してITコンサルタントとして働くと営業力、開発力、コミュニケーション能力が身につくことに加えて、経営やマーケティングについても知識も獲得できます。これは独立して働く下地となることから、フリーランスを始めたり、ベンチャー企業を設立したりして独自の事業を展開するための基礎となるのが魅力です。また、飛躍的にエンジニアとしての能力も高まるため、システムエンジニアを代表とする様々な職種への転職も容易になります。ITコンサルタントとして数年間働いてから別の職種に転職する人も多く、キャリア構築のステップとして捉えることも可能です。

IT業界の上位職であるコンサルタントは人気

仕事にやりがいもあって年収も高く、将来展望も良好という条件を兼ね備えているからこそITコンサルタントには高い人気があります。必要とされる専門スキルの高さと周辺スキルの多さから躊躇してしまう人も少なくありません。しかし、世の中では需要が高くなってきてコンサルティング系の企業も増えてきています。ITを活用してクライアントの要求に応えていく問題解決型の仕事をしながらキャリア構築をしたいというエンジニアにとって魅力の大きい職種です。転職を志したときには十分にスキルアップを行ってから目指すのが賢明ですが、現場でスキルを磨くこともできるので、まずはアナリストの募集を探して応募してみるのも良い考え方となります。