誕生日プレゼントにお酒を送っておけば問題なし

妻への誕生日プレゼントに何を贈ったらいいかな…というのは誰もが抱えうる問題ですよね。
なかなか決まらなくて、いつも結局誕生日当日にデパートで買ったお菓子をプレゼントしてしまうといい人も多いはず。
しかし、それではなんだか味気ないですよね。
なかなか決められないというのなら、いっそお酒を贈ってみるというのはいかがでしょうか?
相手がお酒好きなら、なおさら喜ばれますよ。


お酒を誕生日プレゼントにするメリット

私がお酒をプレゼントする理由は2つあります。
1つ目は、他になかなか贈る人がいないということ。
誕生日プレゼントにありがちなのが、お菓子、食べ物のお土産、飾り物などです。
どれももらったら嬉しいですが、相手の迷惑にならないようなものを贈るのが基本です。
それを考えると、お酒というのは非常に有効です。
なぜなら他の人が送ったプレゼントをつまみにすることができ、さらに消耗品なので場所を取らないからです。
迷惑にはならないので、誕生日プレゼントにはふさわしいと言えるでしょう。
2つ目は、長持ちするということ。
もし飲みきれなくても、お酒の場合はある程度保存を利かせることができます。
ここでちょっと普段買えないようなお酒を贈っておけば、相手に長く楽しんでもらうことができるのでいいですね。
お酒を贈るのには様々なメリットがありますので、迷ったらぜひ選んでみてください。


お酒を誕生日プレゼントにする際の注意

しかし、注意しなくてはならないこともいくつかあります。
まず大前提として、相手が未成年・アルコールアレルギーでないということは重要です。
ここを押さえておかないとただの迷惑になってしまうので気をつけましょう。
また、多すぎる量を贈るのも迷惑です。
缶ビール2~3本くらいが適量だと思われるので、あまり多くは贈らないようにしましょう。
しかし、相手が毎晩お酒を飲むような人だったら話は別です。
以上のことに注意して、相手に喜んでもらえるようなお酒をプレゼントしましょう。